FM2020リーグファイルの更新がすっかり遅れました。
今後は遅れない様に…と行きたいところですが、パタッと止まってしまうこともあるので、ファイル作成の手順を公開しておこうと思います。

人物データは言うまでもなく、
https://fm-j-league-pack.firebaseapp.com/
ですが、ここで通常公開されている人物データは全て日本語表記になっています。

その為、
日本語圏外のプレイヤー
はそのままでは導入できません。

その為、私は以下の方法で人物名から日本語を削除していました。

①まずデータをダウンロードしてきます
ここでは、FM2020向けJリーグパックv2.0.4とします

②次にDLしたファイルの内
Jリーグデータベース・新規選手(まとめ).fmf
Jリーグ担当審判.fmf
を、editor dataフォルダに移動させます

③Pre-Game Editorを起動させます

④②の「Jリーグデータベース・新規選手(まとめ).fmf」をロードします
→読み込みには時間がかかります

⑤②の「Jリーグ担当審判.fmf」をマージします

⑥適当なファイル名で読み込んだデータをエクスポートします

⑦テキストエディタのEmEditorをダウンロード&インストールします
https://jp.emeditor.com/
https://jp.emeditor.com/download/
EmEditor Professionalは有料ですが、EmEditor Freeは無料です。どちらでも構いません。

⑧⑥でエクスポートしたxmlファイルをEmEditorで開きます

⑨EmEditorの置換画面を開きます

⑩置換機能を使って日本語を検出して一括で削除します
「検索する文字列」に以下を順々に入力して置換していきます
[・ー々〇〻\x{3400}-\x{9FFF}\x{F900}-\x{FAFF}]|[\x{D840}-\x{D87F}][\x{DC00}-\x{DFFF}]
[ぁ-んァ-ヶ亜-熙纊-黑]

「置換後の文字列」は空白です

EmEditor ProfessionalとEmEditor Freeの置換画面は少し違うかもしれません

置換が終われば上書き保存して終了します

⑪⑩で保存したxmlファイルをPre-Game Editorでインポート&セーブします
ロードではなくインポートです。インポートでないとxmlファイルが表示されません

インポートが終われば人物データを検索して削除が成功しているか確認します。
フィルターを「データ変更数」「少なくとも」「1」で検索すると対象の人物データが表示されます(この時は設定で、最大検索数を無制限にしておかないと全データが表示されません)
表示された人物データのフルネームで何回かソートを繰り返すして日本語が残っていないか確認します

問題が無ければ「名前を付けてエディタデータをセーブ」でデータを保存します

以上で手順は終了です

Football Manager Jリーグデータパック 報告用掲示板の下記スレッドにて、

Jリーグデータの選手表記について(英語のままプレーしたい)
https://zawazawa.jp/fm-j-league-pack/topic/7

データ作成者様が変換ツールを作成されている様ですので、その方法の方が良いかもしれません。

カテゴリー: FM雑談

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA